【コロナと学校】今年度に限り2学期制に 北九州市

休校の長期化を受け、北九州市教委は5月14日に開いた定例会で、今年度に限り市立の小中学校と特別支援学校を2学期制とし、夏休みと冬休みを短縮することを決めた。授業日数の確保や1学期の学習評価が困難なことによる措置。政府が一部地域を除き緊急事態宣言を解除したことを受け、同市では15日、6月1日からとしていた学校再開を1週間前倒しし、5月25日からとする方針も示した。

2学期制の実施により、今年度は4月1日~10月16日までが前期、10月17日~3月31日までが後期となる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。