【コロナと学校】遅れた授業 次々学年まで繰り越しを通知

政府の緊急事態宣言が39県で解除されたことを受け、文科省は5月15日、授業時数の確保だけでなく、学校行事も含めて子供たちの学びを保障するため、学校教育活動の新たな方向性を示した通知を都道府県教委などに出した。休校の長期化で当初予定していた学校教育の指導を年度内に終えることが困難な場合には、特例的な対応として、最長で今後3年間を見通して教育課程を再編し、一部の授業や行事を次学年以降に繰り越すことを認めた。また、分散登校を念頭に、学校で行う授業とICT活用を含めた家庭学習を組み合わせることで、学校での学習活動を教師と児童生徒、あるいは児童生徒同士の関わり合いが重要な学習や実習に重点化することも明記した。

同通知は5月15日付で、丸山洋司・文科省初等中等教育局長名で出された。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。