【コロナと学校】生活困窮世帯に通信費 教材代として

新型コロナウイルス感染症の拡大により、多くの学校で臨時休校が長期にわたり、オンライン学習に必要な環境整備を急ぐことが喫緊の課題となる中、厚生省はICTを活用した教育に伴う通信費を、生活保護受給世帯に実費支給することを決めた。5月請求分から実施する。文科省は通信費の財源確保が充実したことで、地域の小中高でオンライン教育を一層進めてもらうよう、5月15日付で都道府県の教育委員会に通知を出した。

文科省は臨時休校中の家庭学習に際し、ICTを活用して学びの保障につなげるため、公立学校の児童生徒に1人1台の学習者用コンピューターを支給するGIGAスクール構想を、目標に掲げた2023年度から前倒しして今年度内にも完了できるよう、今年度の補正予算に関連事業費2292億円を計上している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。