【コロナと学校】教採2次は個人面接のみ 神奈川県教委

新型コロナウイルスによる感染防止策として、神奈川県教委は5月15日、夏に実施予定の2021年度教員採用試験の2次試験を個人面接のみとし、論文や模擬授業、実技試験は中止にすると発表した。筆記試験を行う1次試験についても、試験会場を大幅に増やして実施する。

同県教委によると、昨年も5000人以上が受験していた教員採用試験で、受験者が密集してしまう状態を避けるため、7月12日に「教科専門」と「一般教養・教職教養」が行われる予定の1次試験については、当初の5会場から変更し、鎌倉女子大学大船キャンパスと國學院大學たまプラーザキャンパス、県立高校14校の計16会場に分散させて実施する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。