【コロナと学校】分散登校や学校再開 各地の工夫

「3密」(密閉、密集、密接)を避けるための分散登校。5月14日の政府の専門家会議で一部地域を除く緊急事態宣言の解除が決まり、学校再開に向けた動きが進む中、各地の分散登校の工夫などを追った。

5月7日から県立学校の再開に踏み切った鳥取県では、鉄道による通学が多い学校は、時差登校を実施したり、特別支援学校の通学バスを増便したりするなどして、登下校の際の密集、密接のリスクを軽減。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。