バイト収入激減の学生に10万~20万円給付 政府決定

新型コロナウイルスの感染拡大で困窮する大学生らに対する支援策として、政府は5月19日の閣議で、アルバイト収入が激減した学生には10万円、特に経済的に厳しい状況に置かれている住民税非課税世帯の学生には20万円を給付する「学生支援緊急給付金」の創設を決定した。対象となる学生は約43万人。今年度第1次補正予算の予備費から531億円を拠出する。

給付の対象となるのは、大学院生や留学生を含む国公私立大学、短期大学、高等専門学校、専門学校の学生ら。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。