「人材バンク」の活動も単位に 教職課程のQ&A更新

文科省は「2020年度における教職課程等の実施に関するQ&A」を5月18日付で更新し、教職課程を置く国公私立大や都道府県の教育委員会などに送付した。新型コロナウイルス感染症の収束が見通せない中、大学や専門学校などで教職課程の実施に支障をきたしている実情を踏まえて、4月17日付で示した内容を改めた。学校再開後の児童生徒の学習支援に協力してほしいと同省が退職教員や大学生らに登録を呼び掛けている「学校・子供応援サポーター人材バンク」での活動も、教育実習として認められることなどを盛り込んだ。

今年度の教育実習に関しては、新型コロナウイルス感染症の影響を考慮し、同省は教員免許状取得に必要な教育実習の単位取得に特例措置を講じることを決めている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。