【コロナと学校】9月入学、小中学校で検討継続 文科相

遅れた授業を次々学年まで繰り越すことを認めた通知と、長期休校への対応策として政府が検討している9月入学の考え方について、萩生田光一文科相は5月19日の閣議後会見で、「あらゆることを想定しながら対応する必要がある。(複数年度で教育課程を編成する特例を認めたからといって)秋季入学も学校の臨時休校が長期化する場合の選択肢の一つとして現時点で必要はないと判断したわけではない」と表明。小中学校における『学びの保障』を巡り、次々学年まで繰り越す教育課程の編成と並行しながら、9月入学への移行も引き続き検討していく考えを示した。

会見では、記者から「遅れた授業を次々学年まで繰り越すことで『学びの保障』が可能ならば、9月入学への移行論は、少なくとも小中学校の義務教育では、必要がなくなったのではないか。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。