夏の甲子園中止に 都道府県独自の大会検討は支援

日本高等学校野球連盟(日本高野連)は5月20日、オンライン形式で運営委員会を開き、8月10日から兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開催する予定だった第102回全国高校野球選手権大会と、代表49校を決める地方大会の中止を決めた。新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて臨時休校が長引き、部活動も再開できない高校が多い中、選手が十分な練習をこなし、感染リスクを極力抑えて開催するのは難しいと判断した。戦時中の中断時期を除くと、春夏連続の甲子園大会中止は初めて。都道府県の高野連で独自の代替大会を行う動きがあれば、財政的にも可能な限り支援したいとした。

全国高校野球選手権大会が中止されるのは、79年ぶり3度目。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。