【読者投票】分散登校 どの方法で行っている?

一部の地域を除いて緊急事態宣言が解除され、学校再開に向けた動きが始まっています。

文科省は5月1日に出した通知「学校運営上の工夫について」で、分散登校によって感染リスクが高い「3密」(密閉、密集、密接)を避けるよう求めています。分散登校の定義は「児童生徒を複数のグループに分けた上で、それぞれが限られた時間、日において登校する方法」です。

関連記事
あなたの意見で議論を深めてください
  • Facebookアカウントでログインすると、コメントできます(自分のFacebookページへの投稿可否を選択できます)。
  • 匿名でのコメントはこちらから
Facebookコメント
Edubateとは
  • Edubateは教育に関する問題、課題について、多様な視点から投票・投稿し、議論を深めるための空間です。テーマについての、あなたの意見を投稿してください。
  • コメント内容は教育新聞の記事にて匿名で紹介させていただく可能性があります。
  • コメント機能はFacebookの提供です。