コロナ危機下での舵取り 全日中新会長に第一声インタビュー

5月21日に開かれた全日本中学校長会(全日中)の総会で、新会長に東京都八王子市立第七中学校の三田村裕校長が就任した。新型コロナウイルスの感染防止対策やオンライン授業、部活動の大会の中止、9月入学といった課題が山積する未曽有の事態に、どのような舵(かじ)取りをしていくのか。三田村新会長に聞いた。
コロナ危機への対応を今後に生かす
――コロナ危機の中学校への影響を、どう捉えていますか。
喫緊の課題は多く、最も重要なのは教育課程の再編成です。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。