鳥取県が独自の高校野球大会開催へ 知事が表明

新型コロナウイルス感染症の収束見通しが立たない中、第102回全国高校野球選手権大会の中止が5月20日に決まったことを受け、鳥取県の平井伸治知事が21日の会見で、県独自の代替大会を開催する意向を表明した。全国高校総合体育大会(インターハイ)の中止もすでに決まっていることから、野球以外の高校スポーツでも代替大会を開きたいとしている。6月の定例県議会に関連費用を盛り込む補正予算案を提出するという。夏の甲子園の代替大会としては東京、岩手、愛知など多くの地区で、独自大会を検討する動きが出ている。

鳥取県内は5月21日現在で新型コロナウイルスの感染判明者が3人と少なく、県立高校では5月7日から授業を再開し、平日に部活動も解禁している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。