【コロナと学校】9月入学「効果見込めず」 日本教育学会

政府が検討を本格化させている9月入学への移行について、日本教育学会は5月22日、現時点での9月入学への移行は「十分な効果が見込めず、多額の財政負担・家計負担が必要になる」として提言を発表した。学校の休校長期化に伴い、児童生徒の指導やケアを充実させる体制作りを急ぐ必要があると指摘。「政府と家計から多額の支出が必要な9月入学の導入よりも、もっと効率的で効果的な財政支出で、実効的・持続的な学力保障を進めることができる」と訴えている。

文科省内で記者会見した広田照幸・日本教育学会会長(日本大学文理学部教授)は「目の前で子供たちが大変な状態になっている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。