体育の授業、子供のマスク着用不要 熱中症対策で通知

スポーツ庁は5月21日、学校の体育の授業におけるマスクの着用は不要とする事務連絡を、全国の教育委員会などに通知した。運動の際にマスクを着用すると、十分な呼吸ができない、熱中症になるといったリスクが指摘されているため。ただし、児童生徒の間隔を十分に確保するなど、地域の感染状況を踏まえた対策を講じることを求めた。

同通知では、体育の授業における安全確保について方針を示した。児童生徒の間隔については、授業前にマスクを外してから授業後に着用するまでの間、2メートル以上の距離を確保すること、ランニングなど同じ方向に動く場合はさらに長い距離を確保すること、授業の前後の手洗いなどを要請した。

軽度な運動を行う場合や児童生徒が希望する場合はマスクを着用してもよいが、医療用・産業用マスクではなく、家庭用マスクを着用するよう指導することを求めた。また、体育の授業は熱中症事故の防止に留意しつつ、可能な限り屋外で実施することとした。

一方、教員は原則として体育の授業中もマスクを着用するが、自らの身体へのリスクがあると判断した場合や、指導のために自らが運動する場合にはマスクを外してもよい。ただし、不必要な会話や発声を行わず、児童生徒との距離を2メートル以上、確保することが適切であるとした。

さらに、児童生徒が密集する運動や、近距離で組み合ったり接触したりする場面が多い運動について、地域の感染状況から安全な実施が困難である場合は、年間指導計画の中で指導の順序を入れ替えるなどの工夫を行うことを求めた。


関連