【コロナと学校】休校中も保護者に発信 edumapを活用

休校期間中、保護者との情報共有に苦労した学校は多い。国立情報学研究所の新井紀子教授が所長を務める「教育のための科学研究所」が教育機関向けに無償提供している「edumap(エデュマップ)」を活用し、学校ホームページ(HP)で休校中も情報発信を積極的に行って、保護者の不安解消につなげた事例を取材した。

edumapは、学校HPの運用に必要なサーバーやソフトウエアのインストール、メンテナンス、セキュリティー対策などを学校で行う必要がなく、校外からでも簡単にHPの情報を編集、更新できるクラウド型ホームページ運営サービス。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。