高校入試の出題範囲見直し 奈良県が中3にアンケート

奈良県教委はこのほど、一斉休校の影響で授業の進み方にばらつきが出ていることを踏まえ、県内の中学3年生全員を対象にアンケートを実施して、今年度の公立高校入試の出題範囲について、一部削減を含め検討していくことを決めた。アンケートは今月中には実施する方針。

同県教委の担当者によると、アンケートの対象は高校入試を控えた中学3年生らと市町村教育長、公立中学校長。教育長と校長には学習の進捗(しんちょく)の見通しや出題範囲に関する意見を、生徒には高校入試に関して抱く不安要素を具体的に尋ねる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。