幼稚園と高校の特別支援教育が課題に 有識者会議が議論

特別支援教育の中長期的課題を検討している文科省の「新しい時代の特別支援教育の在り方に関する有識者会議」はこのほど、第7回会合をWEB会議で開催し、幼児教育と高校教育の各段階における「障害のある子供の学びの場の在り方」をテーマに議論した。

特別支援教育への対応や教員の障害への理解が進んでいる小中学校と異なり、幼稚園や高校では、子供の障害特性を理解した上で、適切な学習環境や居場所を提供する体制が遅れている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。