【コロナと学校】中教審 積極的不登校の増加を議論

中教審初等中等教育分科会の「新しい時代の初等中等教育の在り方特別部会」は5月26日、第8回会合をWEB会議で開き、新型コロナウイルスの感染拡大と休校長期化によって大きな打撃を受けた学校教育の現状と課題について議論した。席上、GIGAスクール構想の急速な進展を受け、学校現場が見据えるべきデジタルトランスフォーメーションを巡る課題と、教育現場のオンライン化に伴って学校に行かない選択を求める積極的不登校が増えてきた現状が報告され、委員らの熱のこもった議論が展開された。

報告は「新しい初等中等教育の在り方について」と題され、AI教材「キュビナ」を開発した神野元基・COMPASS社ファウンダーと、今村久美・認定NPO法人カタリバ代表理事の委員2人が共同で行った。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。