【9月入学】賛成の視点 溝上慎一桐蔭学園理事長に聞く

長期にわたる休校への対応策として議論が白熱している「9月入学」。教育新聞では賛成と反対、それぞれの有識者らにインタビューした。

桐蔭学園理事長の溝上慎一・桐蔭横浜大学学長は、アフターコロナにおけるグローバル化の加速を見据え、9月入学の導入は「今が最初で最後のチャンスだ」と強調する一方、学習の遅れを取り戻すことだけが目的であるならば、「やらない方がいい」とも指摘する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。