ボクシングの村田諒太選手がエール 総体中止の高校生に

「あの時の悔しい気持ちがあったから、今の自分があると思える未来をつくってほしい」――。ロンドン五輪金メダリストでプロボクサーの村田諒太選手が5月26日、全国高校総体(インターハイ)が中止となり落胆する、高校ボクシング部のキャプテンら40人に向けてオンライン授業を実施し、エールを送った。全国高等学校体育連盟などが主催する「明日へのエールプロジェクト」の一環。

憧れの村田選手が”オンライン教室”に入室すると、全国各地の教室や自宅から参加した生徒らは目を輝かせた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。