無観客で8月末までに終了を 高野連が独自大会に指針

日本高等学校野球連盟(日本高野連)は5月27日、夏の全国高校野球選手権大会中止を受けて、都道府県の高野連が検討している独自の大会の運営指針として、実施要項と、新型コロナウイルス感染予防対策を盛り込んだガイドラインを発表した。大会は公式戦と位置付け、原則的に無観客で行い、8月末までに終えるとした。無観客試合だと地方大会の運営費に充てていた入場料収入が見込めないため、総額1億9000万円の資金援助も行う。ただ、福岡県高野連が独自の大会を開催しないと決めるなど、対策を講じても感染リスクがなお高いと憂慮する地域もある。

実施要項では、都道府県独自の大会は緊急事態宣言が解除されていることを前提に開催するとした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。