オンライン学習、自発的な学びに効果 高校生の国際比較

日本の高校生は、米中韓に比べて、オンライン学習の経験が最も少ないことが5月28日、国立青少年教育振興機構の調査で分かった。インターネットを活用したオンライン授業を受けた経験のある日本の高校生も、米中韓よりも著しく少なかった。一方、オンライン学習を取り入れている高校生は、自ら進んで勉強する割合が顕著に高いことも明らかになり、オンライン授業が自発的に学ぶ児童生徒の育成につながることを示す結果になった。

同調査は昨年9月から11月にかけて、日米中韓の4カ国で高校生を対象に同時に行われた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。