大学入試「受験生に少し余裕持たせたい」 萩生田文科相

大学入試を巡り、新型コロナウイルス感染症の影響について、受験生や高校関係者が不安を募らせている現状を受け、萩生田光一文科相は5月29日の閣議後会見で、「(受験生に)少し余裕を持たせてあげたい。それができなければ、チャンスを増やすことも含め、早急にまとめていきたい」と述べ、大学入試の実施時期や実施方法について配慮する考えを示した。具体的な内容については、大学入学者選抜実施要項を例年通り6月中に策定し、その中で配慮すべき事項を明示することを明らかにした。

来春入学者の大学受験について、「高校の臨時休校が長期化したことや、新型コロナの収束見通しが不透明であることによって、多くの受験生が不安を抱えながら受験準備をしていると思う」として、毎年6月に公表している大学入学者選抜実施要項による情報提供が「受験生が抱える不安を解消し、余裕を持って進学準備に取り組むためにも、文科省が取るべき最重要課題の一つ」との認識を示した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。