【9月入学】実施見送りへ 自民WTが今・来年度「困難」

9月入学への移行について検討していた自民党のワーキングチーム(WT)は5月29日、東京・永田町の自民党本部で会合を開き、休校長期化に伴う児童生徒の「学びの保障」を考えることが重要であり、今年度や来年度の9月入学への移行は「困難」との認識で一致した。ただ、今後の教育改革における9月入学移行論の位置付けや、小学校段階からの9月入学への移行に伴う問題点を巡り、事務局が示した提言案に異論が出たため、週明け6月1日に会合を再度開いて提言の内容を協議する。政府は自民党の提言を尊重する姿勢をとっており、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休校長期化への対応策として急浮上した9月入学への移行論は、自民党WTが今年度や来年度の実施は困難との判断で一致したことで、見送りとなる方向がほぼ固まった。

会合では冒頭、座長を務める柴山昌彦衆院議員(前文科相)が提言案について、「いま学校の再開が遅れて困っている子供たちにどのような学びの保障をするか、それをしっかりと考えることが極めて重要だ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。