コロナで収入減少の学生支援 緊急給付金や無利子奨学金

文科省は5月29日、新型コロナウイルスによって経済的に厳しい状況に置かれている学生が進学や学業を継続できるようにする「学生の“学びの支援”緊急パッケージ」を取りまとめ、大学などに周知した。アルバイトによる収入が減少した学生への「学生支援緊急給付金」の創設と、家計が急変した世帯への緊急授業料等減免の支援などを中心に、貸与型奨学金の返還が困難になった人への負担軽減策も拡充させる。

同日の閣議後会見で、萩生田光一文科相は「新型コロナウイルス感染症の影響を受けている学生らに対して、進学時から在学時、卒業後に至るまで、切れ目なくしっかりと支えていくことが何よりも重要」と強調し、大学などと連携し、学生への経済的な支援が速やかに行き渡るよう、対応を急ぐ考えを示した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。