子供の貧困問題に取り組む団体を支援 コロナ危機影響

新型コロナウイルスによる子供の貧困問題の深刻化が懸念されることを受け、内閣府は6月2日、子供の貧困対策などに取り組んできたNPO法人などの団体が、コロナ危機に対応した活動を行えるように支援金を交付する「子供の未来応援基金」の緊急支援事業の団体募集を開始した。

新型コロナの影響で、子供の貧困対策に関わる支援団体でも「新しい生活様式」に基づいた活動が求められるようになった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。