寄付先を子供が決定 教育に貢献する新手法の寄付開始

集められた寄付金をどの団体に寄付すべきかを子供たちが主体的に決めることで、問題解決や社会貢献の学びにつなげる「Learning by Givingプロジェクト」が6月1日から、クラウドファンディングによる寄付金募集を開始した。新型コロナウイルス対策で1人につき10万円が支給される特別定額給付金を寄付に回そうとする機運が高まる中、教育にも貢献できる新たな寄付の手法を日本でも展開する。

米国発祥の「Learning by Giving」は、集まった寄付金をどの団体に寄付すべきかの選択を、寄付した本人ではなく子供たちに託す仕組み。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。