学校再開、子供のメンタルケアを最優先に 和久田学氏

6月に入り、ほとんどの学校が再開に踏み切った。3カ月間にもわたった休校期間は、子供たちの心理面にどれほどの影を落としたのだろうか。学校再開に当たり「子どもの発達科学研究所」は教職員に向けてメッセージを出し、「子供たちのメンタルヘルスのケアを最優先するように」と強調した。学校現場は児童生徒の心とどのように向き合いながら、日常を取り戻していけばいいのか。元教員でもある和久田学主席研究員に話を聞いた。
すべての子供がつらさを抱えている

――児童生徒のメンタルヘルスの現状を、どう推察されていますか。

このコロナ禍で、人々はこれまでにない体験をしています。子供たちへの影響はよくも悪くも、誰にも予測できない状況にあります。私たち研究者は、これから正確なデータを集めて検証していかなければなりません。

ただ学校の先生方には、全ての子供がつらさを抱えている前提で向き合ってほしいと思います。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。