【コロナと学校】再開の44% 短縮授業や分散登校を実施

政府の緊急事態宣言が解除され、6月1日時点で全国の小学校と中学校の99%、高校の96%が再開していることが、文科省が6月3日に公表した調査結果で分かった。このうち、公立校では、短縮授業の実施校が小学校19%、中学校18%、高校12%、分散登校の実施校が小学校と中学校で26%、高校で31%あった。短縮授業か分散登校を実施している学校を合わせると、再開した学校の44%を占めている。こうした短縮授業や分散登校の実施校では、小学校の86%、中学校の89%、高校の62%が6月中の全面再開を見込んでいることも判明した。調査結果からは、新型コロナウイルス感染症の不安を抱えながら、全国で「新しい生活様式」に対応した学校教育が動き始めていることが確認された半面、学校再開の道筋を慎重に模索する自治体の姿も浮かび上がってくる。

同省では、新学期の始業に当たる4月6日時点から休校や再開状況を調べており、調査は5回目となる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。