水害の防災教育、実施校は6割 東北大が宮城県内で調査

水害に関する防災教育を実施している学校は、約6割程度にとどまる――。東北大学災害科学国際研究所はこのほど、宮城県内の学校を対象に実施した、防災教育に関する実態調査の結果を発表した。指導時間や教員の専門知識が不足しているなど、課題が浮き彫りとなった。

同県内の全ての小中高、特別支援学校にアンケートを実施。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。