【コロナと学校】北九州市が再び分散登校 第2波で

新型コロナウイルスの第2波の真っただ中にあり、複数の児童生徒の感染も確認されている北九州市は6月3日、市立小中学校について6月18日まで、再び分散登校を実施する方針を発表した。同市では児童生徒の感染者が発生した市内5小中学校を臨時休校にして消毒作業を実施。その他の学校でも1日からの予定だった通常授業を取りやめて、午前授業としていた。

同市は4月30日から5月22日にかけて感染者は確認されていなかったが、5月23日以降、感染者数が急増。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。