教員が濃厚接触者になった事態を想定 独自に人材バンク

新型コロナウイルス感染症に家族が感染するなどして、教職員が自宅待機になった場合に備えて、千葉県松戸市教委は6月4日、独自の人材バンク「松戸市緊急時の教育サポート」を発足すると発表した。教員免許の保持に関わらず登録を募り、市内の小中学校が突発的な人材不足に陥ったときサポートを依頼する。同市教委によると、教職員が濃厚接触者になった事態を想定した人材バンクは全国初。

雇用期間は、濃厚接触者が自宅待機を求められる2週間ほど。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。