【教科担任制】免許状の小中併有 教職課程の軽減策検討

中教審の教員養成部会は6月5日、第113回会合を都内で開き、小学校高学年での教科担任制の導入を踏まえた小学校と中学校の教員免許状の併有について、引き続き検討した。

小学校高学年からの教科担任制については、中教審初等中等教育分科会において2022年度をめどに導入する方針が示され、中学校の教員を小学校に配置するなど、義務教育の9年間を見通した教科担任制の在り方が検討されてきた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。