教員免許状の有効期限 22年度末まで延長可能に

新型コロナウイルスの影響で休校が長期化したことを受け、教員の負担軽減を目的に、文科省は6月5日、今年度末と来年度末に教員免許状の更新期限を迎える教員を対象に、有効期限を再来年度末まで延長可能とする通知を、全国の都道府県教委などに出した。

「教育職員免許法施行規則」では教員免許状の有効期限は、各都道府県教委が「やむを得ない事由」があると認めた場合は申請によって、「やむを得ない事由がなくなった日」から起算して2年2カ月を超えない範囲での、延期や延長が可能となっている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。