【コロナと学校】コロナ対策掲載 「修学旅行の手引き」

旅行業者などが加盟する日本旅行業協会は6月3日、日本修学旅行協会・全国修学旅行研究協会と協力し、「旅行関連業における新型コロナウイルス対応ガイドラインに基づく国内修学旅行の手引き(第1版)」をWEB上で公開した。旅行業者が修学旅行を実施する際の指針を示すとともに、学校関係者に向けての要望も盛り込んだ。

同手引きの作成に当たっては、主な感染経路である飛沫(ひまつ)感染と接触感染の、それぞれのリスクに応じた対策を考慮。飛沫感染については換気の状況を考慮しつつ、人と人の距離をどの程度維持できるかなどの評価を行い、接触感染では他者と共有する物品や、手を触れる場所の頻度を特定した対策を講じるとした。

基本的な対策としては、▽団体行動中は可能な限り人と人との距離を取り、場所によっては会話を控えること▽手洗いや消毒、換気を定期的に行うこと▽熱中症などのリスクが高い場合を除き、食事・入浴・就寝の時間以外はマスクを着用すること――などを明記。

児童生徒、教職員やその他の同行関係者には、▽児童生徒向けに旅行中の感染防止対策の事前指導を行うこと▽出発前の体調確認や、旅行中の朝夕の検温を行うこと▽手を拭くタオルを共用しないように指導すること――を推奨した。

また、学校から保護者に参加同意書の提出を依頼することや、旅行時の持ち物として1日1枚のマスク・ハンカチ、体温計、ティッシュ、マスクを置く際の清潔なビニール袋、利用済みのマスクやティッシュを捨てるためのビニール袋を、通常の持ち物に加えて持参するよう求めた。

さらに感染者が発生した際などに範囲を特定できるよう、班別・グループ行動においても行動経路・範囲を厳格に計画し、当日の変更内容なども記録すること、旅行終了後2週間程度は、児童生徒やその家族の健康状態について経過観察を行うことなどを要請した。

同手引きはサイト「修学旅行ドットコム」で確認できる。


関連
関連記事