【入試改革】「理念先行でなく現実的に」 大学入試会議

来年度から導入が予定される大学入学共通テストを見据え、大学入試をどうすべきか議論する文科省の「大学入試のあり方に関する検討会議」の第8回会合が6月5日、WEB会議で開かれ、東京大学大学院教育学研究科の中村高康教授ら有識者と、代々木ゼミナールなど大手予備校の幹部らが、さまざまな視点から提言した。中村教授は「入試で教育を変えようとすれば、必ずゆがむ」と、知識の詰め込み批判を回避するために主体性評価の全体への導入を試みるなどの、性急な入試改革を戒めた。

中村教授は内申書などで受験生の主体性を評価することについて、「多くの高校生が中学時代に内申書を意識し、いろいろなことを実際に行っている」と指摘。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。