「講師からコーチへ」 Withコロナの学びを討論

経産省などが主催のオンラインイベント「未来の教室オンラインキャラバンキックオフDay」が6月5日に開かれ、「Withコロナ」の時代に求められる学びのスタイルについて討論した。パネルディスカッションでは、新型コロナウイルスによる休校を契機にICT化を進め、オンライン授業などに対応した奈良県と奈良市の連携や、熊本市の取り組みが報告された。

同イベントは当初、各地で「未来の教室」実証事業の成果を各地で体験してもらい、EdTechによる教育改革を全国に普及させることを目指していたが、新型コロナウイルスの影響でオンラインでの開催に切り替えた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。