教育ツールとしてチャットボット活用を検討 神戸市

アフターコロナのまちづくりに向けた行政サービスのデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めるため、神戸市は6月4日、日本マイクロソフト(日本MS)と包括連携協定を締結した。教育分野では、コミュニケーションツールとしてのチャットボットの可能性について検討する。

同協定には、教育分野におけるICTを活用した子供の学習支援として、家庭学習を補完するオンライン双方向通信の充実に向けた支援や、主体的な学びを支援するデジタルツールの提供などと共に、コミュニケーション教育ツールとしてのチャットボットの活用について検討することが盛り込まれた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。