【コロナと学校】オンライン校内研修で若手を育成

3カ月間にもわたった休校期間で、多くの教員が在宅勤務を経験した。教員間のコミュニケーションもなかなか取れず、特に若手教員はコロナ禍において大きな不安を抱えていたと予想される。そうした状況で、東京都大田区立松仙小学校では、5月から若手教員のオンライン研修を開始。これまでに4回行われたオンライン研修について、会を立ち上げた同校の松村英治主任教諭や参加した若手教員らに話を聞いた。
2年前から始めた若手教員の研修
同校では2018年度の12月から松村主任教諭らが中心となり、「わかめの会」という若手教員を中心とした校内研修をスタート。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。