予防接種は予定通り受診を コロナで控える保護者に警鐘

新型コロナウイルスの流行を懸念し、予防接種や乳幼児健診を控えようとしている保護者に向けて、厚労省は6月8日、予防接種や乳幼児健診を予定通り受診させるよう呼び掛けるリーフレット「遅らせないで!子どもの予防接種と乳幼児健診」を公開した。予防接種のタイミングを遅らせると免疫がつくのが遅れ、重い感染症になるリスクが高まると警鐘を鳴らしている。

予防接種の予定通りの受診呼び掛けるリーフレット

同リーフレットでは、予防接種は百日せきや細菌性髄膜炎など、乳幼児がかかりやすい感染症から守るためにも重要だと説明。子供の予防接種は決して「不要不急」の用事ではなく、決められた接種期間内にできるだけ受診させるよう呼び掛けている。

外出自粛要請を受けて予防接種ができなかったときは、接種期間を過ぎていても接種できる場合があるとして、居住する市区町村に問い合わせるよう促している。

また、新型コロナウイルスへの感染を防ぐため、予防接種はなるべく事前に予約をするようにし、受診前には子供の体温を測り、体調に問題がないのを確認すること、帰宅後は子供も保護者も手洗いなどの感染対策を徹底することを求めている。

次のニュースを読む >

関連

あなたへのお薦め

 
特集