予防接種は予定通り受診を コロナで控える保護者に警鐘

新型コロナウイルスの流行を懸念し、予防接種や乳幼児健診を控えようとしている保護者に向けて、厚労省は6月8日、予防接種や乳幼児健診を予定通り受診させるよう呼び掛けるリーフレット「遅らせないで!子どもの予防接種と乳幼児健診」を公開した。予防接種のタイミングを遅らせると免疫がつくのが遅れ、重い感染症になるリスクが高まると警鐘を鳴らしている。

同リーフレットでは、予防接種は百日せきや細菌性髄膜炎など、乳幼児がかかりやすい感染症から守るためにも重要だと説明。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。