カリキュラム・マネジメントの有効性示す 国研が報告書

新学習指導要領で、学校の教育目標に基づいて教育課程を編成、評価し、改善を図るカリキュラム・マネジメントの考え方が重視されているのを受け、国立教育政策研究所は6月9日、研究開発学校を対象に調査した「学校における教育課程編成の実証的研究」の第1次報告書をホームページで公表した。

教育課題に対応するため、学習指導要領によらない教育課程が認められている研究開発学校では、研究開発の設定を通じて育成を目指す資質・能力が明確になり、学校全体で組織的・計画的に教育活動を展開するなど、カリキュラム・マネジメントが有効に機能していることが示された。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。