【コロナと学校】土曜授業の振り替え休日 取得例を通知

文科省は6月9日、土曜に授業を実施する場合の週休日の振り替えについて、都道府県教委などに通知した。

土曜授業は、新型コロナウイルスの影響を受けた児童生徒の学習保障の方法として、時間割編成の工夫や長期休業期間の短縮、学校行事の重点化などと並ぶ選択肢の一つとされているものの、児童生徒だけでなく教職員の負担が懸念されている。

同通知では、土曜授業を行った場合の週休日の振り替えについて、①長期休業期間中の勤務日・時間の振り替え②時間割編成の見直し(専科教員の担当コマを特定の曜日や時間帯に集中させ、土曜日を含め5日間の出勤とする。半日勤務の日を設けるなど)③年度をまたいだ振り替え――といった工夫が考えられるとした。

ただし留意点として、勤務する土曜と週休日とする平日を事前に特定しておくことや、長期休業を短縮するなどで振り替えが困難な場合は、特例として振り替えができる期間を広げること、その場合も健康確保の観点から、可能な限り近接した日に振り替えることなどを明記した。

また、年度をまたいだ振り替えも可能だが、教職員が年度末で異動する場合は異動前に振り替えを行うことや、異動前後に十分に情報共有を行った上で適切に対応することが望ましいとした。

次のニュースを読む >

関連

あなたへのお薦め

 
特集