8月に甲子園交流試合開催 春の選抜代表32校を招待

日本高等学校野球連盟(日本高野連)は6月10日、オンラインで理事会を開き、新型コロナウイルス感染症の感染拡大で春夏の甲子園大会が中止されたことの代替として、この春に行われる予定だった第92回選抜高校野球大会の代表32校を、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場に招いて、8月10日から「2020年甲子園高校野球交流試合」(仮称)を開催することを決めた。大会は原則、無観客とし、各校が1試合ずつ、計16試合を行うとした。

大会は日本高野連が主催し、春の選抜大会を主催する毎日新聞社と、夏の全国選手権大会を主催する朝日新聞社が後援して、阪神甲子園球場が特別協力する。日程は8月10~12日と15~17日の6日間。雨天順延で、13、14の両日は予備日とする。

2018年に甲子園の春夏連覇を果たした大阪桐蔭高(大阪)、21世紀枠で選抜大会に選ばれた磐城高(福島)など、春の選抜代表を射止めていた32校を招待する。7月18日に各校主将によるオンライン抽選会を行うとした。交流試合の経費は日本高野連の積立金を充てるという。

開催にあたっては、新型コロナウイルスの感染予防を徹底させる。出場校が集まっての開会式は実施せず、試合は1日最大3試合とする。9回を終えて同点の場合、延長戦は行わず、引き分けとする。ベンチなどは試合ごとに消毒し、試合中は素手での選手のハイタッチを控えてもらうことなどを検討する。

チームの宿泊は試合前日と当日の最大2泊3日を原則とし、関西地区などの近隣校は1泊または日帰りなども検討する。関東から西の出場校は公共交通機関を使わずに、地元から貸し切りバスで来場する。移動距離の長い北海道と東北地区からは公共交通機関を使って関西に入った後、貸し切りバスで移動する。無観客での開催を予定しているが、控え部員や選手の家族らの観戦については、今後の感染状況の推移を見ながら検討するとした。

戦後初めて春夏連続で甲子園大会が中止され、代替大会として、各都道府県の高野連が独自の大会を検討している。独自の大会開催を決めた地区もあるが、休校が長引き、部活動が休止され、選手が十分な練習をこなせていない地区も多いことから、足並みはそろっていない。こうした中、関西では大阪、兵庫で新型コロナウイルスの感染者が減少傾向にあり、感染確認者が1桁やゼロの日もあることから、日本高野連が甲子園の夢を断たれた球児の思いに応えようと、代替大会の開催に踏み切った。

目標の甲子園で試合ができることになった選抜代表校の選手や関係者からは喜びの声が上がり、花咲徳栄高(埼玉)の岩井隆監督は「1試合でも甲子園の舞台に立てることを感謝したい」と、日本高野連の計らいを喜んだ。

次のニュースを読む >

関連