休校による教育格差 18歳の6割「感じる」と結果

新型コロナウイルスによる休校措置で、18歳の6割が教育格差を感じていることが、日本財団が6月11日に発表した第26回「18歳意識調査」の速報値で分かった。学習の遅れの回復や再度休校になったときに学習時間を確保するための対策としては、オンライン授業の充実を求める声が多くあった。9月入学を巡っては、賛成、反対、「わからない」がほぼ三分される結果となった。

今回の休校措置で教育格差を感じることがあるかとの問いに「はい」と答えたのは58.6%、「いいえ」は15.8%、「わからない」は25.6%。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。