対面指導とオンラインのハイブリッド化 文科省が提示

中教審初等中等教育分科会「新しい時代の初等中等教育の在り方特別部会」の第9回会合が6月11日、WEB会議で開かれ、文科省は席上、新型コロナウイルスの感染リスクを踏まえ、学校教育における対面指導とオンライン授業の関係などの課題を整理した検討用資料を提示した。感染症が収束していない「Withコロナ」段階では、教師による対面指導とオンラインとの組み合わせによる新しい教育様式を実践する一方、感染症が収束した「ポストコロナ」段階では、教師が対面指導と家庭や地域社会と連携したオンライン教育を使いこなし、ハイブリッド化したかたちで協働的な学びを展開する姿を描いた。特に、高校では同時双方向型のオンライン授業について、単位数の算定要件など制度的な見直しを行い、対面指導と融合したハイブリッド型の授業を可能とする方向性を明確に打ち出した。

検討用資料は「新型コロナウイルス感染症を踏まえた、初等中等教育におけるこれからの遠隔・オンライン教育等の在り方について」と題され、6月11日付で初等中等教育局が出した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。