「学びの保障」を充実 第2次補正予算が成立

新型コロナウイルス感染症対策を盛り込んだ今年度第2次補正予算が6月12日、参院本会議で可決、成立した。文科省関連は1617億円。感染拡大の影響を受けて修学が困難となった学生への支援を盛り込み、長期休校に伴う感染症対策の拡充や教員、学習指導員の追加配置など、児童生徒への学びの保障を充実させた。

文科省関連では、長期休校後の学校再開で感染症対策に努めながら授業の遅れを取り戻すため、「学校の段階的再開に伴う児童生徒らの学びの保障」に774億円を計上。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。