クラウドの学習支援「役立つ」 高校生86%、教員64%

新型コロナウイルスによる長期休校を受けて、広島県教委は6月12日、ICTなどを活用した高校生の学習状況の調査結果を公表した。クラウドサービスを利用した学習支援は、生徒の86%、教員の64%、管理職の90%が「役に立った」と回答。教員は今後の家庭学習などでの活用も肯定的に捉えていることが分かった。同日に記者会見した平川理恵教育長は、来年度に全県立高校で1人1台環境の実現を目指す意向を示した。

同調査結果によると、休校中に86%の生徒がICT機器を活用して家庭学習を実施。教科では、数学、国語、外国語、理科、地理歴史、保健体育などが多かった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。