大学入試「『日程も中身も変わらない』は非情」 文科相

新型コロナウイルスの影響による大学入試について、萩生田光一文科相は6月16日の閣議後会見で、「今年の受験は本当に特殊な事情で、受験生には時間的にも心理的にもさまざまな負担が生じている。こういう事態の中、日程的にも中身も変わらないまま、『同じ条件だから受験せよ』というのは非情ではないか」と指摘。大学入学共通テストや各大学の個別入試では「追試験の実施や選択問題の設定を確実に行ってもらうことが重要と考えている」と述べ、6月中に公表する大学入学者選抜実施要項で、国公私立全ての大学に追試験や、解答する問題を受験者が選べる選択問題の設定を求める考えを表明した。

萩生田文科相は、全国高等学校長協会(全高長)が、11日に全国の高校を対象にしたアンケートで7割が「当初予定通り実施すべき」とする結果が出たにもかかわらず、13日の会議で1カ月程度遅らせるよう求める要望を決定したことについて、「私は元々、(大学入試は)一定程度、後にずらした方がいいのではないかという私見を持っていた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。