英会話学習にはVRが効果か 発音や理解力で改善

VR(仮想現実)を活用した英会話学習は、従来の学習形式と比べ習熟度が上がることが6月15日、同志社中学校(京都市)とNTTコミュニケーションズが実施した実証実験の結果で明らかになった。発音や正確性、相手の発言を適切に聞く理解力などで改善が見られた。

同調査では同校の生徒12人が2グループに分かれ、入国審査やレストランでの注文など、留学や海外旅行で必要な英会話を学んだ。一方のグループは従来と同じくスクリプトと音声教材を用い、もう一方はVRを活用してコミュニケーションを疑似体験しながら学習を進めた。

その後、それぞれのグループの生徒に理解度テストを実施し、ネーティブスピーカーと英語教諭が▽レスポンス(相手の会話に適切な間で回答できているか)▽発音(ネーティブに近い発音ができているか)▽正確性(文法に誤りのない会話ができているか)▽理解力(相手の会話を適切に聞き取れているか)▽オリジナリティー(学習スクリプトを応用した会話ができている)――の5項目で習熟度を評価。グループごとの習熟状況の差異を比較した。

それによると、VR学習のグループは従来の方法で学習したグループに比べ、「レスポンス」「発音」「正確性」「理解力」の4項目でスコアを上回った。特に「正確性」は約10%向上したという。

またVR学習を体験した生徒にアンケート調査を行ったところ、74%の生徒が「VRによる学習方法は効果がある」と回答。その理由として「本当にそこに外国の方がいるようで、理解度テストではあまり緊張しなかった」などの声が挙がった。

同志社中学・高校の反田任教諭は「生徒(学習者)にとってはVRを活用することで実体験と同等の経験をすることができ、学習内容の定着の度合いが高い傾向がみられた。当初予想した通り、五感を使って体感する効果が現れたと考える」と話した。

また、共同で実験を行った聖心女子大学教育学科の益川弘如教授は「『英語を使う』経験を繰り返しできるVR学習は、新たな学習手段として期待できる。さらに英会話のシチュエーションやフレーズを毎回少し変えることで、現実の英会話により近い『英語を使う』学習体験を生徒に提供することも可能ではないか」とコメントした。


関連