児童間で感染拡大か 厚労省クラスター対策班が暫定報告

新型コロナウイルスに児童6人が集団感染し、5月29日から臨時休校している北九州市小倉南区の守恒小学校で、授業中や休み時間、登下校時などに児童間で感染が広がった可能性があると、厚労省のクラスター対策班が暫定報告をまとめ、北九州市は6月16日の市議会常任委員会で内容を明らかにした。一方で、休校から2週間が経過し、児童の学びの遅れも深刻なことから、同市教委は感染対策を徹底した上で、18日から守恒小の分散登校を再開することを決めた。

守恒小では5月28日に児童1人の感染が確認され、29日から臨時休校しているが、6月5日にかけて、さらに5人の児童が感染していることが分かった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。